もしかして土曜日?

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

生えるのか抜けるのかはっきりしてくれ、いや、正確には生えてくれ

ついこないだの日曜日っす。今年に入って初めて怒りました。もうアレですわ、ムカ着火ファイヤーくらいの感じ。

いやぁね、なんてことないんですけど、ウチのアパートで借りてる駐車場が何者かに勝手に使われてましてね。それで管理会社に電話したわけです。

そしたら、本来であれば「無断で勝手に車を停めているやつ」に怒るべきなのに、次第に「管理会社の人間」に腹が立ってきまして・・・。「あー、怒髪天を衝くってこのことだわー」っつって。

 

というのも「じゃあ3番空いてるんで、そっち停めてもらってOKですよ!」とか言うわけですよ。たぶんね、車でずっと小藪さんのすべらない話的なものを聞いてたからかもしんないですけど、この発言がイキってるように聞こえたんですよね。

「はぁ?」つって。

 

実はこういうことがこの2年半の間に5回ほどあったんです。最初は文句も言わんと、素直に3番に停めてましたよ。「アンチ巨人なのに、なぜミスターを背負わせるのか」とか色々思う部分はありつつも。

しかもその3番っつー表記が、奇しくも誰かさんの頭頂部くらい薄くなってきてて、それじゃあ判別できないからっつーことで、ここ最近になって横からちょっとズレた位置に新しく塗り直しとるわけです。それを遠目に見たら31番なんです。

「ミスターはミスターで腹が立つけど、阪神の方かい!」っつって。「当てつけか!」っつって。

 

というわけで、これまでの怒りの分もあって徹底的にやりました。「毎月2000円払ってるのに停めれないことがあるんですか?」と。ほんで過去の分も遡って色々言ってたら、相手も遂にキレまして「じゃあ、この数時間分の料金値引きしますわ!」的なことを言ってきました。

「はぁ?」っつって。

 

たぶんね、このことでイライラして1週間はろくに眠れません。夜更かし1日=1万本です(←主語は察してください)。某大手の「〇ートネイチャー」なんかは初回キャンペーンでも1000本=1万円でっせ。

つまり「1週間の不眠=7万本=70万円」ですよ!

 

もうこれアレだわ。出るとこでるわっつって。頭皮から出てくるべきものは出てきてないけど、とりあえず出るわっつって。「損害賠償起こしてメチャクチャ切れたんねん!」くらいに思ってました。

でもですよ?万が一、負けた場合。弁護士費用とか無駄に使って「あーあ、お金と時間の無駄でしたねー」なんつって、そりゃもう惨めです。

 

ただね、負けた方がまだいいんですよ。勝った場合を考えてみてください。「私はこのことが原因で不眠症になり、精神的なストレスでもって、多くの友人(髪)を失いました!」と涙ながらに訴え、それを裁判官並びに裁判員の方々に支持されるわけです。

「あなたの現状を見る限り、それもやむなし」と。・・・それはそれでキツくないすか?むしろこっちの方がつらいわ。負けたくて裁判起こすやーつとか聞いたことねーし!

 

そんなことを脳内で展開してたら何だかどうでもよくなってきて、泣く泣く3番、いや、31番に停めました。せっかく気分が良かったのに、なんだか残念ですわ。

そうそう、なんで気分が良かったかと言いますと、ヘアコンタクトっていうのを体験しまして、これがまぁすごい!簡単・手軽に髪の毛が手に入るわけです。

いいもんみっけたわーっつって。なびくわーっつって。引っ張っても取れないわーっつって。

 

オッサンが家で1人鏡の前で髪の毛を掴んだりしている様子は、さぞ間抜けでしょうが、髪の毛は抜けませんからー。らーらー。ららーらー。ららーらーやっぱりぃー。今日も明日もあらたにーはえーないー。

なんかおかしい。抜けないことを喜んでいたのに、気が付いたら自分の毛が生えてこないことを嘆いていた。恐らく末期です。正確には大黒末期です。

 

とりあえずヘアコンタクトは、助っ人外国人みたいな感じで即戦力感がハンパ無いっす。さしずめバースといったところ。でも、できればこれからは生え抜きに頑張って欲しいです、はい。