もしかして土曜日?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

Twitter初心者が思ったことを呟いてみる。

f:id:xx_mar0_xx:20160416191806p:plain

Twitterを今更ですけど、やってみようかなって思いまして。恐る恐るiPhoneにダウンロードして、アカウント取ったり色々やってみたんです。

そしたら『ばびろんまつこ』とかいう、ある種のカリスマがお縄になってたみたいですけど、完全に話題に乗り遅れてます。

 

なにをつぶやけばいいのか、わからず。とりあえず「ツイッターでびう」って、つぶやいてみました。

「そんなんじゃねーし!ツイッターの使い方そうじゃねーし!」って、言われるのが怖くて「初心者なんですー」って、すっげー腰とか低くして暖簾くぐってみました。

 

そうやって店に入れば「あのー、まずは食券買ってください」とか店員さんも指摘しやすいじゃないですか?優しい感じで教えてくれたりしそうじゃないですか?

こっちはこっちで「あー、食券買うシステムなのね!」っつって、笑っても許されたりして。ちょっとした、てへぺろ的なやつです。

 

「水くださーい!」っつって本来はセルフなのに「あー、初心者さんね。もうしょうがねぇなぁ」つって、店員さんが水とか持ってきてくれたりして。

そしたらそれは、ちょっとした革命ですよ。だって店のルール変えてんだもん。初心者、ばんざーい!

 

ひとむかし前の日本では「狂牛病だー!」っつって「牛肉は自粛しましょう!」ってなったじゃないですか?

「じゃあ牛丼屋はどーすんの?」って疑問を持ちつつも吉野家に入ったら、それはもう華麗すぎるくらい豚肉にシフトしてたんですけど、

 

『うしどん』じゃないじゃないですか?

『ぎゅうどん』じゃないじゃないじゃないですか?

 

音読みだなーって思って、迷わず「とんどんください」って言ったら「ぶたどんですね」って言われたのを思い出しました。

「俺、吉野家の常連だし」みたいな態度が、おりの感性を鈍らせたっつーか。

 

そこを謙虚な気持ちで初心者感とかだしてたら「とんどんですね?」って一旦、話が進んだ後、会議かなんかにかけられて、メニューとか作り直したかも!って思いまして。

振り仮名とか振ったかもしれないっつって。吉野家ってほら、できる奴じゃん?って。

 

んで、次の日は「すき家だー!」っつって。「もう知ってるし、騙されねーよ!」っつって。

満を持して「ぶたどんください!」って言ったら「とんどんですね!」って言われました。

 

世の中の不満とか理不尽とか、全部ここに集約してたんじゃねーの?って感じ。なんで、そこにもライバル感を持ち出したの?っつって。

TOTOが『ウォシュレット』っつったから、じゃあINAXは『シャワートイレ』で行こう!的な感じ。

 

しかも、その一部始終を見ていた後ろの女子高生が、なにやらクスクスやっとるんですよ。「こいつ、うしどんって頼むのかよ!」みたいな視線がね、そりゃあもうひしひしと感じるわけです。

 そこで多分ですけど「目の前のオッサン、漢字読めねーの!超ウケるー!」ってつぶやかれて、それがリツイートされまくって、ファボられまくって。

 

「おっさんじゃなくてお兄さんだ!」とか、

「ぎゅうにくでしょ?うしにくじゃないでしょ?ぶたにくでしょ?とんにくじゃないでしょ?」とか、言いたいことは沢山あるのに言えないんです。

ほんで「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ・・・」っつって、世界の中心でなんか叫ぶんですけど、 残念ながら誰もフォローしてくれないっていう展開を迎えます。

 

それこそ「この状況をフォローできるのは吉野家の店員Aくらいだなー」っつって、ダメ元で助けを求めてみるものの、その店員Aも「こないだのオッサン傑作!小学生からやり直せ!」とか、つぶやいてたら・・・って思ったら、なんかいたたまれない気持ちになりました。

 

もしそんなハメになったら、たぶん道端でなんかつぶやき始めると思う。