もしかして土曜日?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

健康診断で行った病院がストレス。

f:id:xx_mar0_xx:20151127164131j:plain

本日、久しぶりに総合病院に行ってきました。

健康診断の結果が芳しくなくてですね、いわゆる『再検査』っつーことで大義名分を得て会社休んだわけですけど。

会社を休めるってだけで超絶嬉しいし病院行くのなんか久しぶりなので、めっちゃテンション上がりました。

 

でも、そこには「どっかの夢の国か!」ってくらい人がいて、すっげー待たされたわけです。別にアトラクションに乗るわけでなく、この人たちは血採られるために待ってるんだ・・・っつって。

ちょっとした昔話の「生贄にされるのを待つ若い女の気分が味わえるアトラクションだー」っつって、脳内補完して楽しんだりしてました。5秒で飽きたけど。

 

まぁ待つのはみんな一緒ですからね。周り見てたら、新聞読んでたり本読んでたり。「あー、おりも何か持って来ればよかったー」っつって、すっげー後悔した3時間半でした。

 

病院あんま来た事ないんでアレなんですけど、スマホをイジるのっていいんですか?おりとしては、いかがなもんかと思いまして。

パンフレットの裏には『携帯電話のご使用はお控えください』的なことが書かれてて「それは通話のことを言ってるの?」って思ったんですね。

 

でも、その注意書きの対象が『メール』もしくは『WEB』にまで及んでいる場合ですと、おり1人の行動が周りの高齢者の方々に「これだから最近の若いもんは・・・」って言われてしまう対象になりたくないっつーか。

「万が一、注意とかされたらやだなー」っつって我慢してたんです。

 

まぁ、何人かいる若いやつの7割はスマホいじってましたけどね。「おりはやらねーよ」って思ってた矢先、後ろのじじいが通話しだしやがりまして。

普段は高齢者の方に対して、じじいだのばばぁだの言いません。先祖を大事にします。でもアイツは、じじいでいいです!それも悪いじじい!

っつーか、じじいでもないかもわかりませんよ!人間の血が通ってるとは思えないくらいの非常識っつーかなんつーか。とにかく大声で喋ってました。

 

腹立ててもしょうがないっつって、暇つぶしできるものを探してたらテレビが付いてまして。幸か不幸かカレーうどん特集的なやつが放送されてました。

こちとら血採るために朝食抜いてて、ちょっとした拷問みたいになりましたけど。

 

ほんで「テレビはやめだ!」っつって、今度は電光掲示板みたいなのに番号が出るのを見つけたんです。

「ドコモショップみたいなやつだー」っつって思わず喰い付いちゃいました。渡された番号は32番だったんですけど、ドコモショップと違って順番通りに進むわけじゃないから、これでビンゴしたら面白いんじゃないか?って思ったんです。

そして、気付いちゃいました。面白いうんぬんの話じゃなくて、そもそも紙とペンがないから成立しないってことに。脳内でやるには難易度高すぎるってことに気付いちゃいましたよ。

 

諦めてしばらく無になろうとするんですけど、遠くから赤子の泣き声なんかも聞こえてきて、その赤子はどうやら女の子で名前はサクラちゃんだとか、聞きたくもない他人の会話が聞こえてくるんです。

やれ「ゲートボール大会の商品がどーたら」やれ「病院終わったら、すぐ行く」とか。「うるせーよ、悪いじじい!」っつって。

 

まぁ2時間半くらい経過して「ようやく問診だー」っつって、年齢もおりとさほど変わらないような女医さんに診てもらったんですけど、軽い衝撃です。

「今日は仕事、休んだのかな?」とか「自覚症状ある?」とか聞かれて「ここ病院だよな?変なお店じゃないよな?」とか考えました。

というのは『患者に向かってタメ口で話す』って部分に違和感を感じたんです。こちとら仕事で、やれ言葉遣いがどうとか言われてますんで。

 

まぁ深くは考えずに「そういうもんなのかなー」っつって話を聞いてたら再検査が必要だって流れになりまして「また後で来てくれる?」って言われたんです。お前はキャバ嬢か!っつって。

お酒と言葉で、お客様の精神的疾患を治療しますってやつか?・・・ごめんなさい、自分で言ってて意味わかんねーって思いました。

 

問診の最後に「なんかストレスとか感じてる?」って言われたもんだから「おめーの言葉遣いにストレスだわー」っつって、診察室を出てきてやりましたよ!まぁ、嘘ですけど。

 

その後で、また少し待たされまして「せっかく普段こない所に来たのに面白いことって案外ないもんだなぁ」って思ってた瞬間。

『ヤノ エイコウさん』が呼ばれまして、

『イガワ テツロウさん』が呼ばれまして、

その次に、おりが呼ばれました。

 

ちょっとしたポンコツ集団やんけ!っつって、それはそれはテンションも上がりましたよ。すかさず「これ、今日のブログに書こう!」っつって気持ちもほっこりしたんですけど、その直後です。

 

おりの前に割り込んだ奴、さっきの悪いじじいだったよね。