もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

夕方以降のスーパーのおつとめ品が大好きです。

f:id:xx_mar0_xx:20160411185930j:plain

閉店間際のスーパーに行くと、お惣菜コーナーを中心にちょっとした楽園みたいになってるんです。

それはそれは神々しい『半額』のシールが貼られてて「いえーいっ!」つって、次々とカゴに放り込むんですけど。

 

そのシールを貼る仕事の人がいるんですよ。右手の機械をピッピピッピいわせて。

それはそれは淡々とシールを貼っていくんですけど、その人が仕事してるときっつーのは、それを虎視眈々と狙ってるお客さんが何人か群がってまして。

 海鳥の群がるとこには魚がいるって言いますけど「まさにそれやん!」って思うんですね。

 

人間のそれって、本当に性格がでて面白いんです。

 

ピタっと張り付いて狙うタイプとか、

興味ないフリしてても、横目でしっかり獲物を捉えているタイプとか、

そこで争うのは面倒だから、最終的に残ってるおこぼれを狙うタイプとか。

 

これって買い物に関してだけじゃなくて、色んなことに対して言えると思うんです。

 

例えば、恋愛に置き換えてみます?

好きな人に対して、ガンガンいけるタイプの人もいれば、

そういう行動は控えつつも、しっかりと野望を持ってるタイプもいるし、

おこぼれを狙うやつもいるってことです。

 

ガンガンいけるタイプはわかりやすいですよね。

「お前のこと、好きなんだよー」つって「早くOKのシール貼ってくれよー」って言ってるようなもんですから。

もうピッピピッピに、ピターって張り付いてますし。貼られた瞬間に持っていきますし。なんなら「これに貼ってー!」とか言い出すかも。

 

続いて、横目タイプの人間なんですけど「俺、興味ねーし」ってツンケンしてるんですよ。

でも、ある時、2人きりになって「ごめん、私とじゃ楽しくなかったよね?」的な発言に対して「すげー楽しかったよ」的なことをサラッと言うわけです。

その破壊力ったらないよ!っつって。

「ガンガンいくタイプがマシンガンなら、こっちはミサイルだよ!」つって。根本的な破壊力が違うのなんのって。

 

恋愛漫画でも、主人公に優しくしてくれる、言わばガンガンいくタイプの男っつーのは、最初ツンケンしてるタイプの男には敵わないんですよ。

「好きだって言ってくれたことは嬉しいよ。嬉しいけど、やっぱ、友達以上には見れないよ・・・」とか言いだすんです。

「私は、やっぱり、ツンケンが好きなの!」つって、シールの方からカゴに飛び込んできますわ。

 

一方で、最終的な余りものを狙うタイプですが、少し、シールのそれとは趣旨が変わるんですけど、他の人が捨てたところに向かうっつーか、なんつーか。

ハッキリ言うと、フラれて凹んでるところに付け込むんですね。

本来はフルプライスだったんですよ。でも、結果的に残ってしまって落ち込んでるとこに付け込むんですね。

「アイツらはオマエの魅力がわかってねぇ」と、言うわけです。

 

 これで、無駄に争うことなく手に入れることができるんですけど『果たしてそれは自分の意志で手に入れたのか』ってことなんです。

言い方を変えると『相手の意志で選ぶように仕向けられたんじゃないか』ってことなんです。

 

これを読んでる男性の方にお聞きしますが、

横にいる女性、奥さんでもいいし彼女でもいいんですけど、

「その人は自分の意志で選んだって自信持って言えますか?」って話です。

「自分で選んだつもりでも、実は相手から選ばされてませんか?」って話です。

 

世の中の女性ってのは、こちら以上にしたたかでして、

 

本来、1000円で売りたいものの定価を2000円にして、そこに半額のシールを貼ってくるんですね。

世の中の男どもは「いえーいっ!」つって、すっげー食いつきみせてくるんですよ。

それは、ピッピピッピからしたら「ちょろいもんよ!」って感じなんです。

つまりピッピピッピは、一見こっちの味方のように思わせて、実はスパイ的な存在だったんです。

 

ということを踏まえまして。

当ブログでは、ピッピピッピの名称を『ニーナ』とします。

詳しくは24のシーズン1をご覧ください。