もしかして土曜日?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

『ニッチな記事』の意味がわからない。

f:id:xx_mar0_xx:20151205112110j:plain

いかなる時も、その道のベテランにとっては他愛のないことが初心者にとっては敷居の高いものだったりするわけで。

当たり前のようなことがわからなくて頼ろうにもggrksというアドバイスをいただいたりします。まぁ、最低限は調べるのが礼儀だとは思いますけどね。

 

ニッチな記事って何?

 

つかぬことをお聞きしますが『ニッチな記事』って何ですか?

「ブログのアクセスが欲しければニッチなジャンルで攻めるのも戦略の1つだ!」みたいなことが、周知の事実みたいな感じで語られてるんですけど、さっぱりわかりません。

「みなさんご存知の!」みたいに言われて、少し困ってます。

 

ニッチな記事の意味を調べてみた。

 

検索してみたら『ニッチ・・・』の段階で予測変換が出てくるんですけど、やれニッチェ江上だの、やれニッチローだの。全く求めてない情報が溢れてました。

困りつつも調べたら、どうやら『コアな層にウケるジャンル』的なことのようです。

広く浅くじゃなくて狭く深くって意味って言うんでしょうか。漠然としたイメージではありますが。

 

最近、思うこと。

 

一応、自分なりにですけど「人の目に付くように・・・」と願いながら毎日せっせと更新してるんです。読んでもらいたい一心で更新しとるわけです。

このブログのテーマとしては『雑記』でして、タメになるようなことは一切書かれておりません。

 

「それがいけないのかなぁ」って思ったりもしたんですけど、人のを見ていると一概にそうとも言えないんですよね。仮に雑記ブログだとしても結構な読者が付いてたりするんです。

当然ですけど書く人の文才とかセンスとか、そういうものが関係してるっつーのはわかります。

でも、その人たちもテレビに出てる芸能人とかでもない限りは、最初は細々とやってたんじゃないかなーって思ったんですね。

 

読者を探す。

 

ほんで「どうしたらアクセスが増えるか?」っつって色々調べました。色々調べた結果、満を持して出てきたのが『ニッチ』ってワードなわけです。

先ほども書いたように『コアな層にウケるジャンル』というようなニュアンスで書かれてたんですけど、ここのコアな層を読者として取り込めたら大きいなーって思ったんですよね。

 

例えば、このブログでは『仕事』のことなんかも書いたりしてるんですけど、似たような仕事をしている人からの共感が得られないだろうか?とか。

似たような人なら面白いって思ってくれる可能性が高いですもんね。つまり、そういうことでしょ?って月並みですけど思ったりしました。

 

勘違いは怖い。

 

でも、ちょっと待ってください。

最初に見たページだけで『コアな層にウケるジャンル』だって判断すんのは危険ですから、他のページでも同じようなことが書いてあるかどうかを調べてみますか。

せっかくですから、石橋を叩く意味でも調べてみましょう。

 

そしたら、まさかの『ほとんどの日本人が誤解しているニッチの本当の意味』っていうページが出てきました。

読み進めますと『一部のマニアが求めるロングテールな商品』という風に勘違いされているが、実際は『お客様が満たされていない隙間、穴』を意味しているって言ってるんです。

本当の意味では『市場の規模』だとか『マニアックであるかどうか』は一切関係がないそうです。

 

どういう意味?

 

ちょっとわからなくなってきました。

確かに本当の意味はそうなのかもしんないですけど、ほとんどの日本人が「一部のマニアが求めているようなこと」って認識なんだとしたら、それはもう『マニアック』なんじゃねーの?って思って。

 

『役不足』っていうのは、本来「役目が不相応に軽いこと」であって「実力が不足していること」ではないんですけど、もし実力不足の意味合いで多く使われるようになっていったとしたら、それはもう『力不足』と同義なんじゃないの?っつって。

 

これに関しては昔から結構言われてきたことなんで、知ってる人が多いという面ではニッチのそれとは意味合いが少し変わってしまいますけど。

 

伝わればそれでいい。

 

例えば駅伝かなんかで1位と2位の差がとてつもなく開いた場合で、もう逆転はまず不可能ってくらいの差になったときのアナウンスを想像してください。

1位に対して「断トツでトップです!」みたいなことを言おうもんなら、そもそも『断トツ』って言葉は『断然トップ』の略だから、トップの部分が被っちゃうので成立しませんよ?って言うみたいなことじゃないですか?

でもそんなん言ったところで、それはもう成立するんじゃないの?って思うんです。だって、聞いてる方には伝わるじゃないですか?正しいことを言うとか揚げ足を取るって意味であれば、認めるわけにはいきませんけど。

伝わるか伝わらないかだけで言ったら「我が巨人軍は永久に不滅」でいいし「頭が頭痛」でいいと思うんです。

 

最後に。

 

そんなん考えてたら『ニッチ』とかどうでも良くなってきたんで、Youtubeでニッチローとか見てます。

だってこれ以上気にしてたって、ニッチもサッチもいかないんでね。