もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

話が上手な人は頭がいい。

f:id:xx_mar0_xx:20151205203633j:plain

「ちょっと聞いて聞いて!」と話しかけてきたのは、同じ職場の女性事務員。

歳は一回りほど年上でお喋り大好きなアラフォー女性なんですけど、勢いよく話しかけてきたなーなんて思ってたら、まさかの「今日、信号に2回捕まっちゃった」・・・知りませんやん!

 

校長先生あるある。

 「最後に3つのことをお話しして、この挨拶を終わりたいと思います」・・・これが出てからが本番だかんねー!っつって。LOVE PHANTOMなら、まだ歌い始めてないからね。

小学生の頃の校長先生の話って本当に長かったと思うんです。苦痛以外の何物でもないっつーか。

椅子に座らせてもらえるパターンっつーのは稀で、大半が体育座りかしゃがんでるかのどっちかですから本当に苦痛でした。

 

「最後に・・・」って言うと、下向いてた生徒の3割くらいが顔上げますからね。「終わり?やっと終わるの?」っつって。その後で「3つお話しして・・・」ってなったときのテンションの下がり方ったらないです。

教育者が、子供の期待を裏切っちゃいかんでしょう。

 

その3つだって色んな蛇足が付いて4.5くらいになるんですけど、アレは忍耐を教育するカリキュラムだったんじゃねーかなって思ってます。

4.5とかPMかっ!って思ったら、PMは2.5でした。

 

資格講師、貴様もか。

先日、仕事で使う資格の更新に行ったんです。

お金払って話を聞いてるだけで完了する、いわば名ばかりの更新なんですけど、その講師の話が長いのなんのって驚きました。

 

こっちサイドの特性を理解してなのか何なのか、初っ端に「みなさんが私の講義を集中して聞いてくれれば、予定よりも30分くらい早く終わる予定ですので」ってカマしてきまして。

だったら協力するしかないじゃないですか?一切の無駄口を叩くことなく、休憩時間を挟んだ後も遅れることなく着席して取り組んだんです。

 

おっさんたちが全員一丸となって取り組んだのにも関わらず、それがなぜだかわからないんですけど、予定より5分オーバーするっていうね。

「度重なる警告を無視し、こちらの時間を侵犯した!」っつって、なんらかの制裁を与えられてもおかしくないと思いました。

 

おっさん全員の視線は言ったら警告みたいなもんですから。その講師はまぁ、髪型プーチンみたいでしたけど。

その裏切りがひどすぎて「ブルータスか!」って思ったくらいです。ブルータス、何した人なのか全くわかりませんけど。

 

終わる終わる詐欺とでも命名しますか。

 いわゆるこの『終わる終わる詐欺』なんですが、ウチの会社の社長もよくやります。

「早く会議を終わらせたいので、活発な意見交換をしましょう」というようなカタチで使ってくるのですが、はっきり言って活発な意見交換なんてしたら早く終わることなんか有り得ないです。

通常の仕事が終わって全員揃ってから会議が始まるんですけど、もうお腹とか鳴ってくるわけですよ、こっちは。

 

年頃の女性じゃないですけど、あまりにも鳴るもんなんでやっぱ気になります。おっさん1年生でも気になります。テッカテカの1年生ですけど気になります。

「通学路に置かれてる看板の送り仮名のミスかっ!」っつーくらい気になります。大きく「止れ!!!」つって。「危い!!!」つって。

 

たぶんコレは、おりだけじゃなくてみんな気になってると思うんですけど、この気を集めたらロシアの戦闘機を撃墜するくらいの破壊力は持ってるはずです。

 

話の長い人。

話の長い人ってどこにでもいると思うんですけど、話って長ければ長いほど前フリみたいなのが効いてきて、それ相応のオチが無いと成立しないと思うんですね。

小学生の頃こそ無心で耐えてましたけど、中学生になったら話中に時折入ってくるノイズを数えたりなんかして。

 

「えーと」とかよく言う人の話であれば、何回言うかを頭の中で想像して『50回以上言ったら、今日1日ハッピー』とか自分の中でルール作って楽しんだりしてました。

もちろんブログでもそうです。

2000文字以上の文章を、相手に退屈させることなく読ませられる文章を書く人もいれば、こうやって「つって、つって」っつってノイズばっかの書き手もいるわけです。

なんつって。

 

総括。

何かを知らない人に説明するときは丁寧に説明が必要かと思いますけど、それ以外の場合は、いかに要点を伝えられるかっつーのが話し手のスキルのような気がします。

短い言葉で自分の思うことがズバッと伝えられたら、それはすごいことです。

『言葉は短く、気は長く』っつーことで簡潔な説明を心がけて、でも相手の言葉は余裕を持って聞きたいなーっていうことでどうでしょ?

 

だからぶっちゃけますけど、プロポーズなんかも回りくどいこと言わんと直球勝負でいいと思うんです。夜明けのコーヒーどうたらとか毎日みそ汁をどーたらとか、そういうのやめません?

相手のことを考えた変化球も1つの手段ではあると思いますが、あまりにもイレギュラーすぎたら肝心な部分を伝える頃には、相手も飽きちゃってるかもしれません。

 

Simple is bestって言いますし、ド直球の「結婚してください」でいいと思います、はい。

まぁ今のところ、言う予定はないんですけど。ちょっと気、早かったね。