もしかして土曜日?

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

絵具で『マリッジブルー』ってあったら、たぶん結構早い段階でなくなる色だと思うんですけど、そのへんについてどう思うか簡潔にお答えください。

f:id:xx_mar0_xx:20160417165325j:plain

ちょっと前に話題になったやつで「何色のドレスに見えますか?」ってやつ、知ってます?

なんか「光の加減をどう解釈するかによって、見える色が人によって変わる」っていうんですけど、もう金と白にしか見えないんですよ。

周りはみんな「黒と青だ!」って言うもんですから「色盲なのかなぁ」って本気で悩みました。・・・っつっても7秒くらいですかね。

それでも、その7秒間は『神の7秒間』っつっても過言じゃないくらい悩みましたよ。いや、冗談抜きで割と本気です、はい。

 

でも、誰かがそうやって話題にしてくれたから、色んな見方があるんだなーって気付けたわけで「下手すりゃ色の認識とか間違ってたりするんじゃないの?」って思いませんか?。

小学生の時に思ってたのは「青信号って緑じゃね?」ってずっと思ってて、でも周りが当たり前のように「青だ!」って言うもんですから、自分の中で納得できる理由を全力で探したんです。

 

そしたらありました。

 

ドラゴンボールの話なんですけど、ウミガメを助けて亀仙人のとこに向かった悟空が初めて海を見て、その海水を飲んで「辛い」って表現したんですね。

「海水ってしょっぱくね?」ってずっと思ってたんですけど、悟空が当たり前のように「辛い!」って言うもんですから「あー、そういうことか」と。

 

信号的なもんも海水的なもんも、つまりそういうことでしょ?っつって。

その考えが正しいかどうかは別にして、子供ながらに柔軟に適応してました。しょっぱいものを辛いって見方ができるんなら、青信号の色は青って言えるでしょ!っつって。

 

それでも心のどっかで「みんなの目には信号は青に映ってるのかも」って思ったりもして、それを両親に打ち明けることもできず。

心配させたくなかったんでね。「まぁ!なんと心優しき少年なんでしょう!」っつって。たぶん、この頃の心は『澄んだ空のような青色』だったんだなーって思うんです。

 

色って、表現豊かだなーって思いません?

特に幼少期に色鉛筆とか絵具とかを使うと、何色が早くなくなるかで、なんか暗示してそうだなーって思ったりして。

黒い物ばっか買う人って、何か抱え込んでそうな気するじゃないですか?ちなみに、おりのことです。

 

大抵のことって色を引き合いに出して、より明確に伝えることができると思います。なんか想像しやすいんですよね。爽やかさも、ある程度なら色の組み合わせで演出したりできますし。

っつーか今、面白いこと思い付いたんですけど、ちょっとイロトーークしてみましょうか。やたら色を使って文章を書くっていう、なんか面白そう。

 

休みの日なんか寝るの勿体ねーっつって徹夜でゲームしてたら、目とか充血して真っ赤になっちゃったりして。

あまりにも上手くなりすぎてボイチャで「ゲームばっかやってねーで働け!」って暴言を吐かれる始末。まさに赤っ恥。

「うるせー!こっちは社長だー!ばーか!」って返したのはいいけど、真っ赤なウソです。ごめんなさい。

 

そんな暴言なんか吐かれたら気持ちがブルーだわーっつって。心なしか顔色も真っ青かもしれない。

どうしよう、会社に行けない。休まなくちゃいけない。5連休くらいしなくちゃいけないかも。まだまだケツが青いなーって言われんだろうなー。

 

ブラック企業に入社したのが運の尽き。心身ともに疲労しても、なお働けと言われ。腹黒のおりは上手いことサボったりもするんですけど、そうすると日々のノルマが遠のき叱責の雨あられ。

もうお先真っ暗、漆黒の闇。あー、やだやだ。

 

もうこんなとこ辞めてやる!っつって意気込んで転職活動するも、履歴書は真っ白。芸能人の歯なんて比べ物にならないくらいの真っ白。

なにもアピールできるポイントがないわーっつって。あまりにも窮地すぎてジョーみたいに真っ白。そして、ホワイトアウト。

 

 色があるだけいいじゃねーか!って、うるせーよ無職!待ってろ!おりもすぐそっち行くから。

 

そんなくだらないこと考えてたら『充血レッド』だの『ケツブルー』だの、ちょっとした戦隊ヒーローみたいなのが出来て笑いました。

だけど悲しいかな。このヒーローは、CM後も弱いに違いない。