もしかして土曜日?

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

仕事が辞めたいと思ったときに、いつも思うようにしていること。

f:id:xx_mar0_xx:20151223012546j:plain

あー、仕事辞めたい。果てしなく辞めたい。もうね、人生とかリセットしたい。いや、リセットはしたくない。たぶんね、おりって相当、恵まれてると思います。

運とかたぶん半端ない。だから、それをリセットするのは勿体ない。じゃあ、どうする?どういたす?とりあえずコンティニューで。

 

でも、できることなら仕事は辞めたい。そう思い始めて早5年。なんだかんだで、ここまでやってこれました。ここまで続けるつもりは全くなかったんですけどね。

他に才能があったらとっくに辞めてます。でも、辞めて何ができるか?って聞かれたら泣くしかない。結局、ハリルホジッチも声かけてくれなかったし。

 

たぶんね、辞めるのにも才能って必要だと思うんです。ある程度の思い切りとか勢いとか。おりは仕事辞めたくなる度に『辞めたい理由を排除する』のと『会社を辞める』のとどっちが面倒かっつーことを考えて、辞めたい理由を排除してきました。

だって面倒じゃないですか?再就職のときとか。また1からのスタートで、もちろん年下の上司とかも普通に出てきますし、また人間関係を構築すんのとか考えただけで眩暈です。

 

「あー、辞めたい。仕事辞めるの辞めたい」ってなりません?

 

どんなときに辞めたくなるかっつったら、認められてないときですかね。承認欲求っつーか難しいことはよくわかんないですけど、一生懸命やってるのに文句言われたりすると辞めたくなります。

12年使ったボイラーが壊れたときに「買い替えた方がイイと思いますよー」ってアドバイスをするんですけど「新しいのを買うお金が無いから修理で!」って言われて、まぁコチラとしてはできる限りの修理をするワケですけど、中にはどうしても再故障する場合があります。

 

再故障っつっても修理してない部分なんですけどね。でも、お客さんからしたら「こないだ修理したばっかりなのにまた壊れて納得できない!」ってなったりとか。

「だから買い替えた方がイイって言ってんじゃん」とは言えませんし。こういうときに辞めたくなります。

 

しかしですよ、慣れっつーもんは非常に恐ろしいもので。「大変、申し訳ありません」って頭を下げながら「晩ご飯、何食べようかなー」とか考えられるようになります。

なんなら笑いながら怒ったりってことも可能な勢いです。そうなったら、その程度の文句は大したことじゃないんですよ。

 

だって注意しましたよと。こっちは修理する前に「次々って故障が続く可能性があります」って説明してるわけですから。「納得いかない」って言われてもねぇ。

腕折れて病院行って治療した後で足折れたときに「治療したばっかなのにまたケガして納得いかない!」って文句を言う患者がどこにいる?ってくらいの勢いで内心キレてます。

 

たぶん、この仕事のおかげでサービス業に従事する人に思いやりを持てるようになりましたし、ストレス耐性も付いたはずです。ブログのネタも稼がせてもらってます。

辞めたってなんとでもなるんですよ。のたれ死ぬわけじゃあるまいし。仕事辞めることができる才能があるなら、次の仕事だって見つけられるだろうし。

仕事を探す気がないのは問題があるかもしんないけど、逆に言ったら「仕事をしなくても生きていける術がある」って言い方もできるわけで、そうだとしたらすっげー才能。落合の息子ってくらい唯一無二の才能。

 

才能が無いおりは、それなりに細々とやっていきます。リセットするにはまだ早いと思ってますんで。でも『強くてニューゲーム』とかあるなら是非お願いしたいです。

『強くて落合の息子』でお願いしたいです。