もしかして土曜日?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

プロポーズに失敗するのと、サッカーのシュート外すのは似てる。

f:id:xx_mar0_xx:20151229222147j:plain

友人の1人がですね、此度プロポーズとやらに失敗しまして。

今日会ったんですけど「どっかで見たことあるような感じだなー」なんて思ってたら『パラグアイ戦でPK外した駒野選手』みたいでした。激しくうなだれてました。

 

「もう、元気出せよー!」っつって。「一生のお願いだからさー」って言っても、うんともすんとも返ってこなかったです。おりの一生のお願い返せよ。

 

結局、駒野くんは今日をもってフリーに転向ということになります。本当にもう慰めましたよ、こっちは。

すっげー気とか遣いましたもん。気も遣ったし、お金も使ったし。

 

なんとかして慰めようとして面白いこと言おうとしたんですね。

「カトパンより先にフリーになりやがってー!このー!このー!」って慰めのつもりの発言は、派手に着地に失敗してしまいました。

でも後悔はしてません、絶対王者でも2回転ぶ時代ですから。

 

っつーか、プロポーズ失敗した人を肉眼で見たの初めてなんですよ。噂では聞きますけど、そんなん打ち明けられたのも初めてで。

 

というのは、プロポーズって『元気玉』みたいなもんだと思うんですね。かめはめ波みたいに量産できないんですよ。

よほどの物好きじゃなきゃ何回もするってことは無いと思うし、ほとんどの男性は『成功確率』も軽視できないはずなんです。

だって、駒野選手みたいになりたくないじゃないですか?

 

実際、駒野選手はあの時PK外しましたけど、練習では誰よりも成功確率が高かったんです。なのに、あーやって外してしまったんですね。

 

プロポーズっていうのは「コレは決めれる!」って思わない限り、非常に打ちにくいシュートのようなものだと思ってます。

まぁ中には、手紙書きまくってオーバーヘッドシュートする『ボールと友達みたいな人』もいますけどね。あんなの絶滅危惧種です。

1歩間違えばセクハラで、2歩間違えばストーカーですから。

 

駒野くんに関しても、普段のデートで距離を縮めていってペナルティーエリアまできたからシュートしたと思うんですよ。

それが結果的に外れちゃっただけで。

 

というか、駒野くんの彼女さんがナイスセーブした可能性もあるわけです。「え?それ止めるの?」っつーくらいのセービングをしたのかもしれません。

というかプロポーズする側からしたら「止めにくるなよ!」って話ですけどね。「傍観しててよ!」っつって。それでもポストに嫌われるかもしんないですし。

 

例えば『一生のお願い』が1回だけ有効なんだとしたら、それって使いどころを吟味して吟味して、下手すりゃ使わないでとっておくぐらいの勢いだと思うんです。

小学生なら速攻で使いますよね。なんなら「1回死んだとして!」とか言って謎のルールまで作り出しますよね。

 

でも小学生じゃあるまいし、プロポーズするっていったら、ある程度の良識ある大人なわけです。

クチを指で左右に広げて「学級文庫!」とか言わせるような行為は卒業してる人がほとんどなわけですよ。

そんな大人がハイリスクを背負って覚悟を決めるのがプロポーズなわけで、自信がないと中々できるもんじゃないと思います。

 

だからじゃないですけど、世の中の女性のみなさんには『ごっつぁんゴール感』を演出してほしいです。「前に転がせば決まるよー」的なやつです。

それなら、男性陣も思い切ってシュートが打てるはずなんです。

 

「そんなチャンスにならないと思い切りシュートが打てないような軟弱な男はお断り?」・・・ごもっともです、はい。

おっしゃりたいことは良くわかりますけどね。『男は度胸、女は愛嬌』って言いますもんね。

 

こっちは、ごっつぁんゴールでも不安になるんです。傍から見てたら簡単なやつでも「外すんじゃねーか?」ってドキドキもんなんです。

そのへんを汲んで、愛嬌ある手ほどきをお願いいたします。これは一生のお願いです。

 

え?最初の方で使ってたって?じゃあ、1回死んだことにしてください。