もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

大海賊時代ならぬ貧乏学生時代。

f:id:xx_mar0_xx:20160107224835j:plain

昔コンビニでバイトしてたことがあるんですけど、賞味期限の切れたお弁当は持って帰ることができたんです。

「ご自由にお持ち帰りください」みたいなシステムでして、学生の身分からすると非常にありがたかったんですよ。もちろん自分で食べたりもしますし、1/3くらいの金額で友人たちに叩き売ったりもしました。

 

大体、残る物ってのはパターン化してるものです。おりの時代は『ランチパックのピーナッツ』とか『サラダ巻き』とかは、すごい頻度で残ってました。普通のおにぎりとかお弁当も結構残ります。

 

たまに新商品のお弁当で値段の張る『なんとか和牛弁当』みたいなやつが出るんですけど、そういうのって意外と売れるんです。

というのも、売れるっつーか、コンビニ側がビビって大量入荷しないからだと思いました。ワンコインじゃ買えないレベルのやつなんで、残るの怖いですからね。

 

そいつをバイト中に棚とかチェックして狙うわけですよ。朝、昼って売れ残ったそれは、このまま夕方5時まで売れなければ持って帰れるなと。

ほんで、夕方便で新しいお弁当が入荷するわけです。それを棚に急いで並べるんですけど、コツがありまして。

 

あえて古いのを後ろに陳列したりするわけです。前の方から取ってもらって、後ろに隠してある『廃棄候補』を守るためです。

コンビニに限らず商品の陳列方法としては、前の方かつ右手側に古い商品を並べるのがセオリーとされてますんでね。

 

だから、思いっきり後ろの左に隠してやりました。「おりの財宝か?欲しけりゃくれてやる。探せ!この世のすべてをそこに置いてきた」って感じで。正確には、くれてやりたくはないんですけどね。

褒められた行動じゃないですけど、たまーにやってました。本当に、たまーにですよ?

 

なのに。

 

お客さんが「どうせ買うなら新しい方が欲しい」って思っての行動だと思うんですけど、奥の方から取るんですね。

うそーっつって。なにこの、誰も得してない感。しいて言えば、ウチの店長がほくそ笑んでる。

おりが隠した廃棄処分寸前のお弁当が間一髪で買われてしまって、新しいお弁当はしばらくチャンスタイムを残すことになったんです。

 

これね、すごく悲しいです。

こっちはね、レジ打ちしながら、そのお弁当が買われるとドキっとするわけですよ。

 

なんなら、若くて可愛いお姉さんがそれ持ってきたとして「こんな可愛い顔して奥のを取ろうとしてるんだもんなー」っつって。

スーパーでおばちゃんがもやしの袋の山に手突っ込んでるのとかよく見ますけど、それがレベル5くらいだとして、この可愛いお姉さんもレベル3くらいにはなってるなーって思うんです。

 

一方でオッサンがそれ持ってきたとして「随分とまぁ目ざとい野郎だなー」っつって。

なにその『雑誌買うときに1番上はもちろんスルー、2番目とか3番目もスルーしてって、結果的に下から3番目を取る』みたいな。

なにその『スーパーのお弁当が並んでるのを見て、買う気を装って手に取ることで、温かさから出来立て感を探る』みたいな。

なにその『おでんで大根買うときに味が染み込んでそうなやつをひたすら狙う』みたいな。

 

ここで思うわけです。意外にもお客さんっつーのは、奥の方から取るもんなんだなぁと。「だったら、最初っから普通に陳列した方が良かったんじゃね?」っつって。

 

「そんなことがあったんだよねー」って笑い話のつもりで、バイトしてた当時、ウチの母親に話したら「なにやってるの!?」って、少し激高してるようなトーンで言われましてね。

やっぱ母親ですから、息子がそんなズルイ手を使って食費を抑えようとしてたことに腹が立ったのか、珍しく声を荒げて怒るんですよ。

「並んでる場所だけじゃなくて、ちゃんと賞味期限の印字を確認しないとダメじゃない!基本中の基本だよ!」っつって。

 

たぶんね、ウチの母親レベル10くらいですわ。