もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

頭文字Dは索引的にいうと『ア行』に分類されるから注意が必要。

f:id:xx_mar0_xx:20160418154955j:plain

イニシャルってあるじゃないですか?苗字と名前をローマ字表記にして、それぞれの頭文字を取るっつーやつなんですけど。

いつの頃からか、英語でも『名前、苗字』だったのが『苗字、名前』に変わったんですかね?

この際ですから『シュン・オグリ』なのか『オグリ・シュン』なのか、ハッキリしませんか?

 

現状では普通に言うパターンと逆にするパターンとがあって、ちょっとしたアメリカ横断ウルトラクイズみたくなってます。

〇✖クイズ的な「泥まみれになるのはどっち!?」っつーくらいのやつ。多分ですけど、どっちが正解でどっちが不正解ってことではないと思うんです。

 

 おりが最初に習ったのは『シュン・オグリ』です。でも気付いたら『オグリ・シュン』って表記されてることが多かったような気がします。

これね、統一してくれないと英語難民がでますよ。というか既にここにでてますよ。

ペットボトルで手作りしたイカダで航海しようとする『アタマ・ガ・バカ』っつーくらいのが誕生してますよ。航海したことを20秒後くらいに後悔してる奴がいますよ。

 

例えば、子供が中学生あたりなら、まだ親として勉強をギリギリ教えられる範囲だと思うんですね。

中学生の息子が『オグリ・シュン』って書いてるのを見て「ちゃんと名前を先に書かないとダメでしょ!」って言おうもんなら、返す刀で「オグリ・シュンって書くように習ったよ?」っつって。母親の脳内では円周率に次ぐ衝撃が起きますよ。

 

引きつった笑顔で「りありー?」って返すのが精一杯みたいな。

本当に世の中の流れっつーもんは、色んなもんを置き去りにするもんです。諸行無常って誰かが言ってましたけど、確かにそれも習いましたけど、いざ自分の身に起きると柔軟な対応ってできませんよね。

 

いずれ『シュン・オグリ』なのか『オグリ・シュン』なのかハッキリしてもらわないと、ちょっとばかし困るんです。

例えば、毎朝の占いで『ラッキーパーソン』なるものが発表されたとしてですよ。『イニシャルがT・Kの人』って言われて、どうすりゃいいの?っつって。

 

それは武北野みたいなことなのか、それとも高倉健みたいなことなのか。どっちも『世界の』ではあるけど、ベクトルが全然違うよ?っつって。

あまりにもベクトルが違い過ぎて「もしかして、同じ世界でもナベアツのこと?」っつって、三度見くらいしちゃいますよね。

 

さらに言うなら『女優のKが熱愛!』とかさ、どっち?って思うんです。というか何だっていいんですよ。別に北川景子さんが熱愛していようが、北乃きいさんが熱愛していようが。

でも、それは深田恭子さんかもしれないし、小嶋陽菜さんかもしれないし。そういう幅の利かせ方で、読者を引っ張ろうって魂胆が気に入らないんです。そこのマスコミの深層心理は「何だっていい」で片付けたくないんです。

 

タレントのBさんが不倫疑惑!とかね。Gの極みとかね。のりPとかね。保田Kとかね。

 

消せないアドレス、Mのページに載ってるのは、マサトとかマサノリとかマサトシだと思われます。もしかしてマロ???まさかね。

いずれ岸谷でもなければ五朗でもないのは間違いないです。

 

ところで、今、思ったんですけど。話の流れで気付いちゃったんですけど。

SMなの?沙悟浄まろはSMなの?河童だと思ってここまでやってきたけど、本当は豚野郎なの?

 

よくある「Sなの?Mなの?」に対する答えとしては、Sって答えて男らしさをアピールするのが正解なのか、それともMって答えて尻に敷かれても平気ですよっていう平和主義さをアピールするのが正解なのか。

答えは未だに見つかってないんですけど、おりはね、あくまでおりの場合は、その場の空気で『LL』って答えるか、もしくは『どっちもイケる』って答えてます。

 

マスコミ以上に幅を利かせすぎてて、もはやどうでもEよね。