もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

いつかこの会議を思い出してきっと泣いてしまう。

ウチの会社の会議は、いわゆる『お葬式』に通じるものがありまして。

普段くだらないことを喋り倒してる佐藤さんも鈴木さんも、会議の場になって同じ部屋に社長がいるだけでピタっと喋らなくなります。

そんな事から、ウチの社長は「泣き止まない子にイイんじゃねーかなー」くらいに思ってるんですけどね。萎縮させるのもそうだし、さっぶい親父ギャグの破壊力ったらないですから。

泣く子も大人も黙らせますよ、はい。

 

あまりにも意見が出ないので「まずは手を挙げて発言しなさい。なんでもイイから」みたいなことを言われます。

学生時代、黒板の前に出てって問題を解くってときに「まず黒板の前まで出てきなさい」って言われたアレか?っつって。

そして、1番引っかかるのは『なんでもイイから』の部分。絶対に何でもよくないから。お母さんの「怒らないから正直に言いなさい」的なやつだから。

 

寂しそうにしている女の子が「誰でもイイから傍に居てほしい」って泣き言をこぼしていたので、ずっと寄り添ってあげた結果、実は『誰でもよくなかった』っていう。

彼女のブログで『確かに誰でもイイって言ったけど、お前かーい!』という落とし方をされて、そのオチ以上に落ち込みました。

 

「誰でもイイからノート見せてー」って言ってたから貸してやったのに、丁重に断られた挙句、おり以外の人に頼み始めた佐々木くん。

完全なる『小さな親切、大きなお世話』だったわけです。

 

本当の意味で『何でもイイ』とか『誰でもイイ』ってのは中々ありませんよ。献血だって人を選ぶ世の中です。

注射が苦手なので大抵は全力で断るんですけど、お菓子につられたりしてね。

200mlくらいなら・・・みたくなるときがあります。ナンパされたときに「お茶くらいなら・・・」っていう女の子の気持ちです。

 

昔、どっかの大学祭で400mlの血を採られて、貧血起こして保健室的なとこでずっと寝てたっていう苦い思い出が蘇りました。

みんなが女子大生とキャッキャしてる間、ベッドで焼きトウモロコシを食べてたワケですけど。

まさに『おもひでぽろぽろ』です。コーンはもちろん、おりの目からも何かがポロポロ。そして、心はボロボロです。

 

そんな苦い思い出があるんで「200mlでいいですか?」と最初に念を押します。

「ありがとうございます!1名様、ごあんなーい!!!」ってなって、キャバクラの案内所もとい、ちょっとした『提供者さん、いらっしゃーい』的な感じになったりして。

「文枝師匠は?山瀬まみは?」っつーくらいの雰囲気なのに、いざ蓋開けてみりゃ「あ、A型はちょっと。間に合ってます」って言われる。

 

先に言えやと。時間返せやゴルァと。

結果、血の気が多い人みたくなるっていうね。

 

だから、基本的に『誰でもイイ』っていうのは、意外と『誰でも良くない』ことが多いです。

今んとこ成立してんのって「誰でもイイから金貸してー」くらいですかね。

 

だから、会議の場での発言として『なんでもイイ』わけがないんです。正確には『会議の場として適当な』という接頭語が付きます。決して『テキトー』じゃないんです。

言ってる意味わかります?おり、わかりません。←テキトー。

 

だから、みんなを和ます意味でも1発かますんです。

例えば『今月、なぜ売上目標を達成することができなかったのか?』的なことに対して意見を述べる場合。

「はいはいはいはいはい!」くらいの感じで挙手します。桜木花道のディフェンスか!っつーくらいの感じです。

「じゃあ、どうぞ」みたいに振られてから、満を持しての・・・。

 

「わかりません!!!」

 

最初は、みんな「は?」みたいな感じでした。

そして、アホみたいにクチ開けてボーっとしてましたよ。

・・・「わかりません!!!」って言ったあと誰もツッコんでくれずに、その場に立ち尽くすおりが。←お前かい。

 

数学の問題当てられて、わからないけど「前に出て来い」言われるから前に出て行って『周りの人に相談する』っていう選択肢を奪われるわけです。

だから自分のチカラだけで解決しようと試みるんですけどね。いかんせんチカラが足りないっていう。

 

だから悩みぬいた末に『2』って書きます。

「途中の式を書け!」とか言われようもんなら「コレが1番美しいカタチです」と言い放ちます。あ、正確にはバツが付いてからが完成形ですけど。

 

ちなみに当社の会議における、食い気味に挙手してからの「わかりません!」っていうやつは、入社当初からやり続けた甲斐がありまして、今じゃ1つの『お約束』に昇りつめました。

良い方か悪い方かわかりませんけど、社長の中でも『アイツは少し毛並みが違う』と。普通のハゲとは毛並みが違うと思われてたり、思われてなかったり。

 

 

 

此度、満を持して『メーカーの全国会議』に足を運びました。約5年ぶりの東京。

まわりが専務やら何やら、いわゆる社長とナンバー2が出席し集まる会議に、まさかの子守じじいと河童ヒラ社員で参加してきました。

 

メーカーの重役が揃ってるような場でも、やはり「なんでも結構なので、気軽に発言してください」的な案内がありましたよ。

あまりにも社内会議と規模が違い過ぎて圧倒されかけたんですけど、なぜ社長がおりを連れてきたのかを考えまして。

たぶん、物怖じしない発言力みたいなのを買われてるんじゃないかと。買いかぶりかもしれませんけど。

 

一通り今回の会議の趣旨について説明があったあと、司会進行のお姉さんが「なにか質問のある方はいらっしゃいますか?」と聞いてきたので、食い気味に手を挙げたんです。

「例のやつや!」と思いまして。

 

手を挙げたんですけど、まさかのカブりっていうね。眼鏡かけてる50手前くらいの人が、おりとほぼ同時に挙手しました。

 

「じゃあ、まずは・・・。そちらの眼鏡の男性の方から」っつって、出鼻をくじかれるっていう最悪のパターン。

眼鏡が落ちてないか全力で探しましたけど、残念ながらどこにも落ちてませんでしたよ。そして、勝手に2番目にされるとは。眼鏡はおろか、かなり腑に落ちない。

 

というか、眼鏡を外見的特徴としてチョイスしちゃうのっていかがなもんでしょうかね。

他にも眼鏡いっぱいいるのに、この会議に参加してる眼鏡の代表『THE眼鏡』はアイツだ!みたいになってますよ。

 

まぁそんなん言い出したらキリ無いですし、わかりやすいっちゃーわかりやすかったんでヨシとします。

「じゃあ、まずは頭髪の残念な方から」って言われても微妙なラインでしたんでね。向こうの河童ぶりも中々でしたので。

 

「どうせメーカーの重役に媚でも売るんだろうが。この眼鏡河童が!」なんて思ってました。

 

そんな眼鏡河童が「お姉さんの趣味は?」って質問をしました。

 

完全にハラスメント的なやつですよ。踏み込み過ぎ。でも上手いと思いました。

「結婚してるんですか?」とか「彼氏いるんですか?」だと、会場のじーさんどもにはウケても、女性自身が引いちゃう可能性が高いじゃないですか?

女性自身がViViっちゃう可能性があるじゃないですか?

 

だから本当にギリギリのライン。つっても眼鏡河童が掛けてた眼鏡は『色眼鏡』だったことが知れ渡ったわけですけどね。

お姉さんのリアクションは?というと、笑いながら『ジャニーズが好きです』って答えて、会場も若干沸いた瞬間だったわけですけど・・・。

 

・・・からの。

できれば聞きたくなかった「では、次の方どうぞ」って展開。

 

注射嫌いとしては、予防接種かなんかで順番待ちしてて聞きたくない言葉部門第1位。

就活中のツラい時期を思い出す言葉部門第1位。

コンビニにおいて、可愛い店員さんのレジに並んでるのにオッサン店長が横からシャシャリ出てきて言われるとイラっとする言葉部門第1位。

 

・・・DHCか!って。使いやすいクレンジングコスメ部門第1位か!って。

てかDHCって何の略ですか?『どうでもいいよ、はげちゃぴん』の略ですか?

 

 

 

トリップしましたけど、間違いなく出鼻をくじかれてます。変装して出てきたものの出オチに失敗したみたいな感じです。

あのね、八方ふさがりってのを身をもって体験しましたよ。ハードルも心拍数も上がりまくりですから。

この状況を体験したらハッキリと言えます。「事件は会議室で起きてます!」と。

 

「では、次の方どうぞ」からの。

 

「し、修二と彰、どっち派ですか?」

 

お姉さんクスクスいってますけど、周りは静寂。「あ、やっちまった」っつって。

ウチの社長を『泣く子も黙る』的な感じでディスってましたけど、近年稀に見る静寂をもたらしたのは、何を隠そう『おり自身』でした。

 

おりのジャニーズに関する知識の程度っつったら、NEWSが4人になってることに驚きを禁じ得ないレベルなわけで。

「私、メリーさん。今、ユーの後ろにいるよ!」とかフザけてやってるレベルですからね。ジャニーさんとメリーさんとジュリーさんの区別が付いてませんから。

こないだのお家騒動も、あんま興味なかったですし。本当に『勝手にしやがれ』って感じです。

 

そんなことよりも、お姉さんの「彰が大好きです」をどう処理するかですけど。

 

いやいやいや。なんかお姉さんのことまでスベらせてしまった感がハンパ無い。

もうね、人知れず冬季五輪が開催されてるっつーかなんつーか。スベりすぎて軽い事故とか起きてるから。なんなら『前代未聞の5回転ジャンプ』とかやってるレベル。

 

羽生選手もアゴ外れるレベル。「マイケル・チャンがトップに躍り出たー」っつって。

っつーかマイケル・チャンは違う!テニスの人だ。マイケル・チャンが氷上に降り立ったとしたら、羽生選手どころか一億総活躍社会の90%のアゴ外れるわ。

パトリック・チャンだ!おりが言いたいのはパトリック・チャンの方!

ここにきてマイケル・チャンとか笑えないから。おでこの感じとか笑えないから。もしかしたら氷上よりツルツルかもしれないし。

 

まぁ、じーさんたちが『野ブタをプロデュース』を知らないから、こうなってるわけであって。じーさんたちに受け入れてもらえるようなATフィールドを展開することが重要なワケで。

じーさんたちにもわかるアキラっつったら、もう1択なんだけど。いかんせん引き出しのどこを開けても出てこない。どうやら赤いトラクターは出払っている様子。

 

もう破れかぶれで「すごく有難いんだけど、志乃がいるからねぇ・・・」って返しました。力の限り低い声で。

会議室に入る前に配られた首に下げてる『社員証』的なやつをネジネジしながら言いました。「ジャグラーの第3ボタンですか?」っつーくらいネジネジしました。

 

これが、そこそこウケまして。じーさん共のツボをうまく刺激することに成功。

これくらいの調子でおりの頭皮も刺激できたらなーくらいの感じ。

 

とりあえず第一の難関は乗り越えたーっつって。あとは大人しくしてようと思ったのも束の間。

なぜか、ことあるごとにトークを振られるんですよ。たぶんね、100人ちょっとは参加してたと思うんですけど、立場的に言ったら断トツの最下位なのにも関わらず。

みんな名刺に役職とか書かれてるのに、おりの名刺には何も書かれてないからね。もう手書きで書いてやろうかと思いましたよ。『メディアクリエイター』って。

 

しかもね、普通にトークを振られる分にはイイんですけど、お姉さんが「中尾さんは何かありませんか?」って聞いてくるんです。

おり、中尾じゃねーし!!!さっきまでTHE眼鏡とか言ってバカにしてたのに、気付いたら『THE中尾』の称号を与えられてた。THEの持ち主はアルフィーだけでいいよ、もう。

 

っつーか「中尾さんは何かありませんか?」って切り口は雑すぎるじゃないですか?

明石家さんま、加藤浩次、三村マサカズ、江頭2:50・・・etc。数々のレパートリーがあって成立するやつだと思うんですね。

それを考えると、お姉さんのやり方は一辺倒にも程がある。一辺倒が有り余る。モノマネタレントとしてやっていくなら、芸名はさしずめ『中野彬』もしくは『一返舎一九』っつーくらい一辺倒。段々、綺麗なお姉さんでもゲスの極み乙女に見えてきたくらいです。

 

つくづく『赤いトラクター』が出払ってて良かったですよ。小林旭のボキャブラリーは皆無ですからね。

とりあえず、七転び十起きくらいの感じで乗り切りました。国会答弁で集中砲火を浴びる議員の気持ちが少しわかりました。

 

 

 

無事、会議も終わりまして。

せっかく東京まで来たんだから、夜景の綺麗に見えるホテルかなんかに泊まりたかったもんですが、メーカーが用意してくれたビジネスホテルです。

経費削減の煽りを受けた感が満載の2人部屋です。まさかの子守じじいと一緒って言うね。

 

本当は「アレやりたい、コレやりたい」ってのがあったんですけどね。ホテルでペイチャンネルを見てan-anしようと思ったんですけど、子守じじいと一緒だからなーっつって。

部屋では終始休まらず、常にViViってました。ペイチャンネルはnon-noって感じ。

 

子守じじいが「先、シャワー浴びていい?」って聞いてきたので、なんか変なことを想像してしまいましたよ。そして、子守じじいのシャワー浴びてる時間の長いこと。

アレですか?万が一の事態に備えての『ムダ毛処理』ですか?大丈夫、万に一つはおろか、億に一つも起こらないから。

なんかあったとしたら、ゆうに30超えてっけど親に怒られっから。

 

というか『ムダ毛』って表現が気に入らないです。毛は毛。

ムダ毛を笑うものはムダ毛に笑われるんです。「出家でもするんですか?」っつーくらいのマイケル・チャンになっても知らねーからな!っつって。

 

っつーか『出毛』的な話?そっから来てんの?神仏の世界においては頭髪すらも煩悩なの?頭髪すらもムダ毛なの?

ということは、おりの頭皮のフォルムは完成形に近づいてるってこと?セルで言うところの17号と同化した段階ってこと?

 

ってことは、この後は18号と同化するってこと?もしかして今シャワー浴びてんのって子守じじいじゃなくて18号かもしれないってこと?18号がムダ毛の手入れをしてるってこと?

そんなん考えてたら、あまりにもゲスを極んでて自分が自分じゃないような感覚に陥りました。それからの、私以外私じゃないの感がすごい。

 

そうこうしてたらシャワーを終えた子守じじいが、タオルで頭を拭きながらポップな歌を口ずさんでこっちに来たんですけどね。

「あのころ~おれたちはいつも~なにかを~おいつづけていた~」とか口ずさんでまして。どっかで聴いたことあるなーって気はしてたんです。でも、なんなのか全然わからなくて。

 

黙って聴いてたんですけど、中盤に差し掛かって「まっている~だれ~かの~よぶ~こえ~がする~このかぜに~」っつった瞬間、おりの赤い実がハジけちゃいまして。

 

「Oh Yeah Yeah Yeah Yeah」って乗っかった上での「それ、ファンタスティポ!!!」

 

たぶん、アンタが調べたかったのは『青春アミーゴ』だよ!なに、ちょっとした修二・ハイジみたいにしてくれてんの?っつって。

あの雲はなぜ私を待ってるの?それ、自意識過剰!!!「なんか言われても友達で押し通す予定」っていうセンテンススプリング的なやつだから!

てか1周回ってクララ・ハイジみたいになってんじゃん!なんで?なんでこうなったの?教えて!子守じーさん!っつって。

 

なんで修二と彰のことを調べようとしてトラジ・ハイジが出てきたのか。どっちかっつったら『彰フィーチャリング』的な感じだったじゃないですか?

ネジネジもしたし、なんでアキラを残さなかったのかって考えたら、どうやらまだ赤いトラクターが出払ってるという結論に達したわけですけど。

 

そんな天然の子守じじいこと、我が社長から「メーカーのお偉いさんが褒めてた」って言われました。

どうやら「彼の度胸はすごい。心臓に毛が生えてるようだ」って言ってたらしいです。

 

 

 

ムダ毛にも程がある。