もしかして土曜日?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

懸念、残念、あぁ、無念。

短いやつ 仕事

すっげー反省してることがあります。金曜日のことです。

ここで吐き出さないと、どうにかなってしまいそうです。

サザエさん症候群も相まって、ものすごく不安で、このままだと夜も眠れそうにありません。

 

いつも通り、お客さんのお家にお邪魔して、ガスコンロを直したんです。

修理中のお客さんとのコミニュケーションも含めて、極めて良好な関係を築けまして。

 

お客さんは、80歳手前くらいでしょうか。人が良さそうなおばあちゃん。

旦那さんと2人で暮らしていたらしいんですけど、旦那さんが数年前に他界してしまったようで、今は独りで暮らしているんだとか。

 

しきりに「イイ男だー」とか褒めてくるんです。終始、恐縮しっぱなしだったんですけど、あるタイミングから「奥さんはいるの?」とか。「お付き合いされてる女性は?」とか。

最終的には、漫画とかドラマでしか見たことなかったんですけど「私が、あと50年若ければねぇ」って言われました。

なんて返してイイかわからず、というか少し怖くなってきまして。急いで修理したんですね。

 

「お茶でも飲んでって」って言われたんですけど、なんか怖くて。「次の現場もあるんで失礼します!」って嘘ついて、逃げるようにして帰ったんです。

おばあちゃん、足腰とかつらいだろうに、わざわざ玄関出て外まで見送りに来てくれて。しかも、外は吹雪いてたんです。

 

おばあちゃん寒そうだったから急いで車を出したんですけど、角曲がるまで見届けるシステムが採用されてまして。全力でアクセル踏んで発進したら、めっちゃ滑っちゃったんです。

焦ってポンピングブレーキしたんですけど、ギリ止まることができて、なんとか事故らずに済んだんですけどね。

車ぶつけずに済んだという点では良かったかなーと。

 

でもね。あの場面に戻れるなら本気で戻ってやり直したいんです。

 

ブレーキランプ、5回点滅させちまった。