もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

これだから宴会は嫌いだ。

ちょっと言葉が悪いかもしれません。特に女性の方、ご了承ください。

 

 

 

ハッキリ言って、おりは見た目で女性のことを悪く言うのが苦手で、男同士喋ってても『ブス』という言葉を使ったことがありません。

「可愛いか可愛くないかで言ったら、可愛いんじゃないかな?」とか言う、いわゆる『立たない鳥』なんです。あ、これ『濁す』って意味です。

 

男友達からしたら「つまんねーな、行こうぜ!」っつって、置いて行きたくなるような感じって言うんですかね。こと恋愛や下ネタに関して、腹を割らない節があります。

でも、それは本心に限りなく近いんですけど、実は本心じゃなくて。単純に言ったら『自分が言われたら嫌だからしてない』っていう話なんですよ。

 

それを踏まえまして。

 

職場の女性事務員に派遣社員の方が居るんです。来月でもって退社するんですけど、本日お別れ会的なものを開いてまして。

まぁ、慣れないながらも一生懸命やってくれたよなーなんて思ってるんです。

ほんで、心の底から「お疲れさまでしたー」って言いたかったんです。

 

なのにですよ。

 

その派遣社員の方、Aさんとしましょう。39歳だったかな。

見た目は『抱っこちゃん人形』を白くした感じなんですけどね。『抱っこちゃん人形』を知らない人は、お父さん・お母さんに聞いてみてね。

 

まぁ、あまり男性陣からは評判が良くないです。男同士だと「事務員の中だと誰が1番か?」みたいな話になりがちなんですけど、まず名前は挙がらない。

それならまだしも、陰で「アイツ絶対、結婚できねーよなー」とか言われてるわけです。

「なぁ?」って話を振られて、でも、そこに乗っかるのってカッコ悪いっつーかなんつーか。

 

「そうは思わないですけどねー」っつって。

 

そうすると「お前、アイツに気あんの?」とかなって。言っときますけど、中学生とか高校生じゃないですよ?立派な大人。いや、立派ではないか。

とりあえず40前後のオッサンですよ。そのオッサンが焚き付けてくるわけで。

内心「くだらねー」っつって。普段、ここで超くだらない文章を書いてる人間が『くだらない』と思うなんて相当です。

だから、別に否定もしなかったんです。

 

そしたらね、おりがAさんに気がある的な感じになってるんですよ。

ほんで、退社祝いのプレゼント的なもんを渡す役目もさせられまして。

まぁ、大人ですから。否定もしませんし、なんなら軽く乗っかる感じって言うんですか?「いやー、なんか照れますね!」的な。飲み会の席ですし。

 

そしたらね、まさかの「ごめんなさい!」が居酒屋中に響き渡りまして。

店員さんの「喜んでー!」的なものより遥かに響くっていうね。

でも、そこは女性に恥かかすわけにはいかないなーっつって、こっちも気を遣ったわけです。「ごめんなさい、右の耳じゃないと聞こえないんで、もう1回いいですか?」っつって。

 

そしたら誰も聞いてないのに、おりの悪い部分を言い始めましてね。

「声がデカい」とか「いつもテンション高くてウザい」とか。「ヒゲが濃い」とか「眉毛が変」とか「髪が無い」とか。後半は心なしか毛の話。毛なしの話。

それを聞いたら自然と涙が。おりはぁぁぁぁぁ、すごしでも、だのじぃしょくばに、しだくてぇぇぇぇぇ!!!!!あぁぁぁああぁあぁ!!!!!

 

ほんだらフォローのつもりだったんでしょうね、別の事務員のBが「Aさんはどんな男の人が好きなの?」って聞いたんです。

 そしたら、まさかの「年収は最低でも1千万はないと!」って言いだしまして。「身長は180くらいでイイ」とか「年に2回は海外に行きたい」とか。

 

Aが饒舌になって話せば話すほど、場は暗くなっていくっつーか。

最初はおりがフラれた感じになって、それを笑いものにしてたオッサン集団が、今じゃもう目も当てられないくらい怒ってるのが汲んで取れると言いますか。

 

いずれ、昨日以上の大惨事です。事件は居酒屋で起きてます。

 

ほんで無言のまま、お開きになりました。みなさん2次会に行ったのかな?おりはタクシー乗って帰ってる途中です。

とりあえず、草食系男子で通ってきて、これまでの人生で自分から思いを伝えたことっつーのは1回しかないんですけど、アレですね。

 「好きです!」とか「付き合ってください!」とか言ってないのにフラれることって、あるんですね。

 

あとね、言われっぱなしで悔しいんで一言だけ。

ブスは食わねど高望み。

Aさん?誰ですか?記憶にありません、はい。