もしかして土曜日?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

カラオケの採点で点数が取れるのと、歌が上手いってのは、あまり関連性が無い。

当ブログにおいて1番人気といっても過言ではない、彼の話を。

親友の天野くんの話です。

 

天野くんは幼少の頃にピアノを習っていて、バンドでもキーボードをやっていました。

そのせいか何なのか、色んな音楽を聴いてて詳しいのはわかるんですけど、たまにウザいんです。

「ここのギターソロが神」とか普通に言ってくる。「お前、何教だよ?」っつって。

真顔で「氷室教」とか返してきますけど、全っっっ然おもしろくない。ヒムロックはカッコイイけど、お前はせいぜい『日村教』止まりだ。

日村教でお祈りでも設楽?なんつって。

 

そんな天野くんはカラオケが大好きで、よく一緒に行くんですけどね。

今月の頭にも一緒に行ってきました。

彼は音程を変えまくって女性歌手の曲も唄ったりします。

ハッキリ言いますけど、別に上手くないです。でも、真剣に唄います。

 

勢いだけは「なに?お前、近々LIVEとかあんの?」っつーくらいの感じ。

なんか嫌なんですよ。マイクを持つ手の角度とか。

左拳を握って、中指で鼻の頭を殴ろうとした時の角度なんですよ。

そのときのマイクと彼の肘がなす角シータは『ウザすぎるsin』です。

 

しかも、思い付いたかのように「あ、この曲!ちょっと練習させて!」とか言ってくるんですね。

「お前、いつ本番なの!?」っつって。彼は無視して曲を入れます。

「お前、いつ本番なの!?」っつって。大事なことだから2回言ったのに、また無視です。

 

練習するっつーことは、いつかは本番があるよね?来たるべき時が来るよね?

なに?え!?近々、LIVEあんの!?あー、そういうこと!?LIVEあんの?へー、そう!

 

今のやりとりで長年の『わだかまり』みたいなもんが解けたわーっつって。

「お前、いつ本番なの!?」で「今でしょ!」って返してこなかったのは、そういうことね。はいはいはいはい。

 

彼は、やはり親友です。

あ、ちなみに。

彼とは退室15分前に『紅白歌合戦』的なもんをやって、採点システムでもって点数が低かった方が奢るっていうゲームをやるのがルーティンなんですけど。

 

彼はマジです。笑い心とか一切ない。

これまで、こっちは『がじゃいも』とか『オジャパメン』とか多少フザけてるのに。

 

結局、彼は『君が代』で91点を出しました。

カラオケで国歌独唱してる人、見たことあります?滑稽ですよ。

「こけのむすまで、そこにいろ!」って思いました。

 

さすがに91点とか出されて、フザけるのも悪いので全力で。唄いたい曲を全力で。

彼のドヤ顔みたいなのも腹が立ったので、唄い慣れてる曲を。

 

結果、92点。

唄い終わって「これぞ神!!!」ってドヤ顔したら、返す刀で「何教だよ!」って言われたんですけど。

 

「西川貴教だよ!!!」っていう奇跡。

とある田舎のカラオケルームに、ちょっとしたレボリューションが起きましたとさ。