もしかして土曜日?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

好きの反対は無関心!?昆虫系男子が考えてみました。

f:id:xx_mar0_xx:20160511002501j:plain

はてな界隈でも虫を食べるのが流行ってるみたいでして。聞いたら味も悪くないし、香りがフローラルなのもあるんだとか。

正直言うと虫は苦手じゃありません。普通に触れますし。でも、食べるとなれば話は別。この手の食べ物は、エスカルゴでお腹一杯です、はい。

 ↑がエスカルゴを食べた記事です、はい。ちなみに食レポではありません。食レポとか書ける才能ありません。

 

でも、虫には興味があります。『地球上の生物が同じ体重だったら昆虫が強い』ってバキも言ってましたんでね。

幼稚園の頃なんかカマキリ捕まえたら、ちょっとした久利生でしたし。あ、HEROって意味です。

 

ある程度の年齢になると触れなくなっちゃう虫ですけど、おりの場合、今でも普通に触れます。楽勝です。

事務員のオバサンが騒いでるかと思えば、どっからかコオロギが侵入してたりするんですね。そいつを素手で掴んで、外に逃がしたりしてます。

事務員のオバサン、キャーだのワーだの言ってるんです。その悲鳴の方がよっぽどレーティングZ。

 

でもですよ?考え方によっちゃ、虫って非常に稀有な存在だと思うんです。

 

昔っから幾千もの少女マンガで語られてきた話ですけど『好き』の反対は『無関心』なんですって。どうやら『好き』の反対は『嫌い』じゃないらしいですよ!

そいつを応用してみます。「私、虫とか超嫌い!」っつって。でも、そのベクトルって『好きの反対』には向いてないんですね。

 

ってことはですよ?「なにかがきっかけで『好き』に転じるんじゃねーの?」っつって。

恋愛ドラマにおける第1話とか第2話の、最終的に結ばれるであろう男の印象の悪さったらないわけで。「あんな奴、絶対に好きになるもんか!」ってふくれっ面が、伏線になってたりするわけで。

 

だってさ、虫が嫌いな人って山ほどいますけど、虫に無関心な人って居なくないですか?虫に興味ありませーん的な人。どうでもいいーって人。

仮に居たとして。その人に向かって、たった一言。

「ちょっと・・・肩のとこに変な虫ついてるよ?」って、しかめっ面かつ小さい声で囁いてみましょう。たぶん、うろたえます。下手すりゃ泣いて飛び上がります。

そいつが歓喜の涙なのか何なのかは知りませんが。

 

いずれ『虫系男子』を目指すことの意味もありそうだという考察でした。ちなみに、この『虫系男子』の定義としましては『夜、放っておけない存在』です。

 

どうですか?ここに『虫系男子』の前頭筆頭がいますけど、いかがでしょう?

・・・ちょっと、聞いてます?ちょっと!!!

 

頼むから無視しないで。