もしかして土曜日?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

いとをかし。

みなさん、何部に入ってました?

阿部?それとも渡部?

 

学生の頃の思い出っつったら『部活』って人も多いと思います。

特に青春を部活に捧げた人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

高校2年生の夏、甲子園に行きました。

一生懸命になって球を打って、ようやく掴んだ切符。

あの夏は2度と忘れないだろうって思います。

 

 

 

っつっても、野球部じゃないけど。

 

 

 

パチンコの球を打って、西宮行きの切符を買って、電車でトコトコ。

外から甲子園球場を眺めたってだけなんですけどね。

 

 

みなさん、ごきげんいかがでしょうか?沙悟浄まろです。

 

「何部?」って聞かれたら「紫式部」って答えてます。

大体の人がここで「あー、そうなんだ・・・」みたいな苦笑いで引いてくれますけど、もし万が一「それ、何すんの?」って掘り下げられたらどうしましょう。

 

むむむ・・・。

「枕の掃除です!」っつって。春は曙、夏はKONISHIKIです!っつって。

 

「いや、それ清少納言だし」って言われたら、どうしましょうか。

・・・「わかちこ、わかちこ」しましょうか。

 

 

 

そういえば。

小学校の頃からの知り合いに『ミナミちゃん』っていうコがいるんです。

ミナミちゃんは昔から『ケイちゃん』ってコと常に一緒にいたんですけどね。

 

『類は友を呼ぶ』のか何なのか。

2人揃ってルックスは地味め。しかも、授業中に先生に当てられたりすると、顔が真っ赤になって何も話せなくなるタイプ。

でも本当の内面は明るいんです。それをみんなの前で出せないだけで。

 

小学校のときに近所の子たち数人で、ミナミちゃんの家でストⅡパーティー的なものを開催したんですけど、もうね、ビビりましたよ。

ミナミちゃん、完全に『エドモンド本田』使い慣らしてましたから。

対戦するたびに「おりのダルシムがーっ!!!!!」っつって。

 

ほんで、ミナミちゃんとやり合えるのはケイちゃんの『サガット』くらいのもんなんですけど、やっぱサガットは強い。

遠距離も近距離もイケるっつーんで、ただのハゲじゃないわけです。

クルクル回ったり、火吹くだけのハゲではないわけです。

 

それを経て、ミナミちゃんがまさかの『本気出す宣言』をしたのち、すごいカーソル速度で『ザンギエフ』を使用するわけですけど。

このとき、小学生ながらに悟りました。

『格ゲーで投げキャラを使う奴はヤヴァイ』と。

 

ちなみに、ミナミちゃんとケイちゃんなんですけど、ミナミちゃんが『みーちゃん』なんて呼ばれてたもんだから、家ではピンクレディー的な扱いを受けてました。

教室では物静かなのに、家では「お母さん、お菓子早くー!」って大きい声を出したり、キャラメルコーンのピーナッツを握りつぶして「お前もこのピーナッツのようにしてやろうか!」とか言ってる姿は、まさに驚愕。

とんだピンクレディーです。本当に胃とか、きりきり舞いよ。

 

ちなみに。

今では2人揃って、非常におしとやかな女性に成長してまして。

下の名前で呼ぶのも憚るんで、苗字で読んでます。

「阿部さん、渡部さん」と。

 

そういや今思い出したんですけど。

この2人に対して、中学時代『三大随筆』ってあだ名を付けたんです。

清少納言と紫式部っつって。「なんで2人なのに三大随筆?」ってのは、さておき。

もうね、予想に反して紫式部の取り合いになったわけですけど、最終的には収拾付かなくなって、どっちがどっちっていう名言は避けたんですけどね。

 

 

 

三十路を超えた今、三大随筆に紫式部が入ってないっていう事実に驚きを禁じ得ません。

んーっと、なんだ。こういう時は、どうすりゃいいんだ。

 

 

 

わかちこ、わかちこ。