もしかして土曜日?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

『あの頃に戻りたい』という瞬間。

f:id:xx_mar0_xx:20160511002001j:plain

例えばですけど、旧暦における月名ってあるじゃないですか?

中学のときに習うのかな?確か、3月は『弥生』だったと記憶していますが。

 

「今日の日直は誰ですか?」っつって、そこから一定の規則性でもって1月から順に次々と先生に当てられていくわけですけど。

まぁ1つのセオリーとして、大体が先回りしますよね。「えーっと、この順番でいくなら〇月だな!」っつって。

 

ほんで先回りした結果「どうやら『神無月』が当たるようだ」ってなったときのガッツポーズったらないです。

「いいんですか?こんなごっつぁんゴールもらっちゃって」って感じ。武藤のモノマネしながら「イエァーーー!!!」とかやったら、絶対ウケますもん。

 

なのにですよ。

 

何を思ったか先生が急にハンドル切り始めて、蓋を開けたら『8月』が当たるっていうね。「えー!!!」っつって。「思ってたんとちがーう!」っつって。

『はづき』だか『ひづき』だか『ふづき』だったような気もするけど・・・。てか、なにをマジメに答えようとしてんの?とか1人で葛藤するわけです。

 

ほんで追い込まれた末の「は、8月は・・・夢花火?」っつって。

残念ながら、教室に大きな花火が上がることはなく、ちょっとした線香花火的な笑いが起きるっていう。

 

そんなトラウマが蘇ったりするわけですけど、今になって思うのです。「あの頃に戻りたい」と。

「なぜ神無月さんの武藤敬司を準備してて『少年時代』まで漕ぎ着けたのに、井上陽水のモノマネで乗り切らなかったのか」と。