もしかして土曜日?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

ブログを始めてからこれまでの約5ヶ月間の軌跡を辿る。

はてなブログに来てから約5ヶ月になろうとしてます。あっという間でした、月日の流れは本当に早いもんです。

ありがたいことに読者数が250人を超えました。本当に感謝の気持ちしかありません。今回はそんな感謝の気持ちを胸に、記録に残す意味でのエントリを。

 

開設当初。

最初はとにかく読まれませんでした。なのに心意気だけは一人前で、2週間でPROに移行、同時に独自ドメインを取得したわけです。

はっきり言います、大赤字です。大赤字な上に全然弱っちいのに、IDの右にPROって表示されている様は、もはや皮肉。

たぶんですけど、赤字すぎてアイコンも真っ赤になったんじゃないかなーなんて思ってます。リアルの顔は真っ青でしたけど。

 

2ヶ月目。

あまりにも読まれなくて「PRO辞めようかな」とか思い始めます。忘れもしません、2ヶ月目を迎える直前くらいに『注目のブログ』に載せてもらえたんです。

時期はクリスマス・・・皆様が恋人や家族とキャッキャやってる間、1日に7~8記事更新するという荒行に取り組んでいました。

ここで読者数が30人くらいになったと記憶しています。正直に言いますけど、注目のブログにエントリされたら、読者数とか一気に100人くらいいくと思ってました。

なので逆に「このチャンス生かせなかった・・・」的な感じになって、本気で辞めることを考え始めます。

 

皆さんが月初めとかによくやる定期報告で「PVが2万しか、いかなかったー」とかやってるのを見て「自分には才能が無い」と、毎日のように思ったもんです。

初めて1ヶ月未満やそこらの人が、PVを稼ぎまくってる姿を見ては圧倒されていました。

ちなみに、当時のPV数は1日あたり多くて50PVとかです。

 

3ヶ月目。

 ここで読者の方から、このブログを言及していただきます。しかも「面白いブログみつけました!」的な謳い文句で。

当時は通知でスターが付いたらニヤニヤが止まらず、ブックマークなんかされた日には「自分にご褒美だ!」っつってプリン食べるくらいの勢いだったんですけど、いきなし『言及されました』とかいう通知がきたんです。

心の底からビビって、見たくなくて震えるって感じ。東野アルファベットって感じ。あ、わかりにくいですけど西野カナをイジってます。

 

そこで、読者数が一気に増えました。50~100人くらい。読者が増えたのはもちろんですけど、なにより『面白いブログ』って思ってくれてる人がいるってことに救われました。

その記事なんですけど、今でもたまーに読みに行ってます。本当たまーに。2日に1回くらい。

 

4ヶ月目。

少しずつお腹も大きく・・・じゃなくて。

ここからはジワジワ右肩上がりです。ありがたいことに、実力以上に多くのブログで言及していただきました。

 

初めて『ネガコメ』みたいなものを貰ったのもこの頃。というか、本当にネガコメの意味で書かれたのかどうかはわかりません。

ただ「なんて中身のない記事なんだ」とか「くだらんエントリ」とか、そういうのは書かれ始めました。あと「互助会おつ」とか。

 

ブクマ数にして30を超えると出てくるかなぁ。でも大体がメタブと呼ばれるブックマークのブックマーク的な所に書かれるので、拡散もされません。

ちょっと傷付いてストレスで食べ過ぎてしまって、結果メタボになるくらい。

 

ちょうど仲良くしてもらえるブロガーさんが増えてきたのもこの頃で、周りにはもっとひどいこと言われてる人がいっぱいいたせいか、大して凹みませんでした。

というか「これはネガコメなんだろうか?」と。イジりの意味で『内容が無い』って言ってるのでは?とか考えたくらいです。

 

5ヶ月目を迎えて。

 

ひよこ倶楽部だと思っていた自分のブログが、250人もの読者がいるブログに成長したというのが、未だに信じられません。

周りを見たら、抱える読者数が400人とか500人とかザラにいますけど、開始2ヶ月で思ったのは「読者が100人も居たら楽しいだろうなー」ってことでしたから。

 

そして今は、支えてくれている人が250人もいるのに「いやー、まだまだですよー」なんて言うのもどうなんだろう?って思うレベルに差し掛かってます。

こないだ、何の気なしに「人気ブログになりたいよー」なんて書いたら、もしかして今読んでくれてる方々に失礼なことを言ったんじゃないか?って思いました。

 

ほら、女子会で石原さとみ似の友達に「サトミは可愛くていいなぁ~」って言ったら「全然だよぉ~」とか返ってきて。

 

カーディガンの裾で少し隠れた手を横に振りながら言うような、仕草までもがイチイチ可愛い奴に「そんなことない」なんて否定されたら、じゃあ目の前にいる私は一体何なの?って思うわけで、いっそこの娘が自分でも可愛いことを認めてくれたら、あー私も一般的ないわゆる『普通』のレベルにカテゴライズできるんじゃないか?っていう一筋の希望みたいなものにすがりつくことも許されるのに、この娘が、少しブカブカのカーディガンを完全に着こなしてるこの娘が全然可愛くないのであれば、私はいいとこ『ガーディアン』ってことになるけど、その辺を踏まえた上での「全然だよぉ~」なのかどうなのか、ここでハッキリと私の目を見て言ってもらってもいいですか?

 

っていう感じ。

 

最後に。

 

約5ヶ月にもなると、同じ時期にブログを始めた人も少しずつ更新頻度が落ちてしまったり、あるいは「辞めちゃったのかな?」って思う人もチラホラ出てきました。

普段の生活を圧迫してまで続けてほしいとは思いませんが、楽しみにしている人が1人でもいれば、それはもう『人気ブログ』だと思ってます。

 

自分にとって『まだまだだ』って思えるような拙い文章でも楽しみにしてくれている人がいるわけで。

その人たちに、この先も笑ってもらえたら、幸いです。