もしかして土曜日?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

友達以上、恋人未満。

f:id:xx_mar0_xx:20160602010306j:plain

高速道路を走ってますと、電光掲示板に「道路の異状は〇〇ー△△まで」みたいなメッセージが流れることがあります。まぁ普通に『おかしな感じ』って意味合いで捉えるんですけど。

ほんで高速降りて現場に着いて仕事してると、家庭用給湯器の正面にガス会社のステッカーが貼られてて「ボイラーの異常を感じたら、うんぬんかんぬん・・・」って書いてるんです。

 

まぁどっちでもいいんですよ。異状だろうが異常だろうが、言いたいことは大体わかるんで。

ただ、いつも気になるのは異状を『異なった状態』って思ったり、異常を『通常と異なる』って思ったりしてると、意味わかんなくなってくるんです。

自分から振っといてアレですけど「『通常と異なる状態』って『異なった状態』のことじゃね?」って思うんですよね。

 

車で道路を走ってて、やたらアスファルトが歪んでるというか隆起したり割れたりしてるのは『異状』で、そのせいで車がクラッシュしてるのは『異常』っつーか。微妙なニュアンスの違いでしかないのかなぁと。

ほんで、せっかくなんで軽くググってみました。そしたら余計にワケがわからないことになりまして。

 

異状:普通とは違うさまのほか、事物の中にある普通とは違う箇所という意味にも用いる。形容動詞になることはないが、1個2個と数えることができる。

異常:普通とは違うさまを示す。「異常だ」「異常な」という形容動詞や「異常事態」「異常気象」などの複合語として用いることが多い。正常の対義語。 

(Wikipedia参照)

 

だそうですよ。全然、意味とかわかりませんけど。とりあえず足りない頭で考えた結果「1個2個と数えることができるってのがポイントかなぁ」と思いました。

例えばですけど、不整脈っつーか『たまに脈が取れない』って状況で、心配になって病院に行ったとするじゃないですか?

 

ほんで『心拍のリズムが一定でない回数』が1回、2回って起こるわけです。「先生、これってヤバイやつですか?体の異状ですか?」っつって。

ほんだら先生は「これは異常です!異常事態です!」とか言うんでしょうかね。患者の前でそんなに取り乱す先生は、もはやイジョウですけどね。

 

まぁ『異状』と『異常』の話じゃないですけど、昔それこそ『以上』でも、ややこしい部分とかありませんでした?

「宿題はノート2ページ以上」って言われて「その場合、3ページやらなきゃいけないんですか?」って聞くやつが居たりして。「2ページはセーフですか?」みたいな。「おやつは300円以内です」って言われて「それって、299円までってことですか?」みたいな。

 

結局、声を大にして1円単位のセコイ事を散々言ってるもんだから、クラスのマドンナ南ちゃんにも、渚のビーナスれいこちゃんにもフラれるんです。

聞いてることもレベル低いし、頭悪いからボーナスなんか全然貰えない会社に勤めることになるっていうね。その額ったら『さなぎのボーナス』ってくらい。

 

今になって『人並みの幸せ』を求めて結婚相談所にでも行こうもんなら、それこそ『渚のビーナスみたいな奥さん』を貰って『さなぎのボーナスとは比べ物にならない程のボーナス』を手にしたイケメンのお兄さんに色々聞かれるんですよ。

「年収はいくらですか?」とか聞かれて「この300万以上400万未満って手取りですか?総支給ですか?」って必死になって聞いたりして。そして「300万円ちょうどは、この範囲に入りますか?」っつって。

 

ここでもセコイ事を言ってるもんだから、当然ながら女性にはモテません。『友達以上、恋人未満』ってよく聞きますけど、もうワケわかんないですよ。

ちなみに「自分が相手のどの範囲にいるのか」がわからないんじゃなくて、むしろ恋人はおろか友達もいないからワケがわからないっていうね。

 

「ここでも脈なかったわー!」っつって軽く衝撃だったんですけど、ここでの脈って恋のことだと思ったら、ある種の異状ですよね?

あれ?恋って「1つの恋が終わった」とか言うから数えられますよね?でもベッキーとか乙武さんのアレは『異常な恋』とも言えるような気も。

 

とりあえず女友達が1人も居ないという今の状況が、何よりも異状で異常だわ。こちらからは以上です。