もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

サプライズならそれはそれでいいけど「Happy birthday dear 〇〇~♪」は、ちゃんと打ち合わせしたうえで統一感を出してくれないと、周りを探ってる感が恥ずかしいから。

先月、当社の女性事務員の方(41)が誕生日を迎えまして。ちょうど去年の今頃、その人が「私、昨日誕生日なの家族に忘れられてて~」みたいな愚痴を聞かされたのを覚えていまして。

そのときの口調がすごく荒かったのが、今でも鮮明に脳裏に焼き付いてまして。「別にめでたいことじゃないけど、無償の愛とか言いながらも家事に洗濯にって頑張ってる母親に、この仕打ちってなくない!?」と、えらいご立腹だったんです。

 

だからじゃないですけど、気付いてしまった以上「めでたくないかもわかりませんが、お誕生日おめでとうございます」と簡潔に祝辞を述べさせていただきました。そしたらメチャクチャ喜んでくれまして。

「今年は旦那も息子もケーキを用意してくれて・・・」みたいな話もしつつ、長時間のスターウォーズへと発展。あ、エピソードってことです。そんなエピソード1を聞かされて、去り際に「誤解しないでほしいんだけど1ついい?」という、なにやら嫌な予感しかしない扉の開く音が。

 

そこから再度スターウォーズ(エピソード2)へと発展したんですけど、要約すると「40を超えて、めでたくないかもしれないけど、そこは素直に『おめでとう』って言われたい」と言われました。

これ、個人的には非常に悩む部分でして。最初はウチの母親がね、「誕生日おめでとう」にする返しを「なんにもめでたくねー!」って返してくるもんですから、自然と「女性に対して年齢の話はタブー」ということを学んだわけで。っつーか、おめでとうって言ってんだから、素直に喜べよって思うんですけどね。

 

それ以降『19→20』や『24→25』などの転機という転機で、同級生の苦悩の姿を見てきました。その都度、笑いながらも「あー、嬉しいような悲しいような」という女友達の姿を見てきたんです。

『29→30』の時に至っては「飼ってたハムスター死んだの!?」くらいの感じ。おもいっきりケージでカラカラいってたけど。

 

だから女性に「誕生日おめでとう」って言ったの自体、久々だったんです。今までずっと「あ、そういえば今日、誕生日だよね?」から入りーの軽いプレゼントを渡す的な。

「おめでとう」って言ってんのに年齢的なことがあるとは言え、あーだこーだ言われると、こっちも嫌な気持ちになるじゃないですか?だから言ってこなかったんですけど、そもそも大事なのって『気持ち』だよなぁと、女性事務員の方(42)に言われて思ったんです。

 

でね、そこでプレゼントをあげたことによる、他の女性事務員からの「あー、じゃあ私の時も期待できるかなぁ」感が半端ないわけですよ。「あ、私の誕生日8月28日だから」っつって。中途半端に『やずや』で忘れたくても忘れられない日付っつーのもなんかね。

挙句の果てに、もう1人は「11月11日」とか言い出しやがりまして。なんでここでポッキーの日やねんと。絶対にポッキーあげる奴いるじゃないですか?

 

みすみす選択肢を1つ減らされるって苦悩もありつつ、一昨日プレゼントをあげたわけですけど。「誕生日おめでとう」という祝辞と共にちっちゃいケーキをね、あげたわけですよ。

そしたらまさかの「ありがとうございます、全然めでたくないんですけどね」的な返しが来まして。やばい!ハムスター死んだ!っつって。

 

つーか誕生日は、おめーに対しておめでとうじゃないんだっつーの。「おめーを生んでくれた、育ててくれた、これまでのすべてに『ありがとう』」なんだっつーの。それに対して「全然めでたくない」とか何様のつもりだごるぁと。

そのあと、new女性事務員(30)と女性事務員(42)のバトルを絡めつつエピソード3へと発展し、激動の1週間が終わったというのが先週の振り返りになります。

 

あ、そうそう。はてなからメールが来てて知りましたが、当ブログも先月の暮れだか今月頭に1周年記念を迎えたようです。

 

全然、めでたくないんですけどね。