もしかして土曜日?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして土曜日?

「明日も仕事やだなぁ~・・・もしかして土曜日?」。土曜日も仕事ですけど。

最近の少女漫画が逆に少年っつーか青年漫画っぽい気がしたので、そこに一石投じたい。

ゴールデンボンバーばりに「女々しくてつらいよ」と言わせていただきますが、人によっては「男のくせに」と思うかもわかりません。「男のくせに」とか言われたら男はつらいよ。・・・それはさて置き、実は昔から女の子向けのアニメとかも見てましたし、比較的『少女漫画』もよく読むんですね。

最近、少女漫画がすごい。何がすごいかって「貞操の緩さ」がすごい。詳しいことはよくわかりませんけど、なにかしらの凶悪犯罪が起きて、その犯人の家に大量の「クセのある漫画もしくはアニメ」が発見されると、大人たちはこぞって「これらが犯人の人格に多大な影響を及ぼしたのです!」と声を上げたりしてません?

 

それと関係があるのかどうなのかはわかりませんが、なにやら深夜番組もマイルドになったし、ゴールデンタイムに家族でバカ殿を見ても気まずくならない時代になったわけですけど、色々と規制だなんだうるさいなぁと。

特に少年ジャンプとか見てても、色んな意味で「健全じゃなくなった」っつーかなんつーか。正直ね、今の少年ジャンプじゃ「ジャングルの王者ターちゃん」とか「ボンボン坂高校演劇部」とか掲載できないでしょ。

 

当時を思い返して「あの頃は良かったなぁ」なんて言うつもりは毛頭ありません。・・・つまり「まったく言うつもりはない」わけですけど、ちょっとでもエロに道が逸れると、やれ「規制だ!」だの、やれ「R指定だ!」だのを大真面目に唱える大人がいるわけで。

少年漫画では「健全さ」が求められ、それこそ『変態仮面』なんて掲載したら苦情に次ぐ苦情が相次いで、「規制しろって言い田;オィrm@五!!!!!!!!!」と、奇声が響き渡るはず。

 

そんな中、最近なんでもかんでも実写化する風潮がありますから、遅ればせながらも「実写化しました!」的な謳い文句の少女漫画を読み漁ったりしてるんです。

実写化するっつーくらいですから、それなりに支持を受けて踏み切ったであろう作品の数々なんでしょうけど、もうね、あまりにもの貞操の緩さに「少女漫画って言い田;オィrm@五!!!!!!!!!」と奇声をあげてしまいました。

 

一昔前はですよ?曲がり角でフラグが立って、ケンカだのなんだのを繰り返して、少しずつ「なんだ、こいつ結構イイとこあるじゃん」的な流れから、彼の弱い部分を見てユーミンばりに「守ってあげたい」と思い、「彼は私の事をどう思ってるんだろう?」あたりの距離感でもっての『キス』で完了したとかしないとか。

それが今じゃコミックスの第1巻から一つ屋根の下ですよ。一緒にお風呂とか入ってましたよ。普通のカップルが数ヶ月かけてやるようなことを、正味数十ページでやってましたよ。

 

言ったら、完全に「そこに愛はない」し、決して「ほんの小さな出来事」でもない。絶え間なく降り注ぐのは雪じゃなくて奇声。そして、小雪よりもその貞操の緩さを規制しろと。

なんだか唖然としました。いや、随分時代は変わったんだなぁと。ちょっと「エロが無くなってきてる」的な話をオブラートに包みまくった結果、なにやら途中で江口の話になりつつも、まぁインターネットで見れる無料動画のクオリティがすごいから別にどうでも「言い田;オィrm@五!!!!!!!!!」なんつって。

 

もっともエロが少なさそうな少女漫画にエロが蔓延してたっつーね。世の中の少女たちが求めてるっつーんなら仕方ないですけど。

少女漫画にエロの要素を毛頭求めていない(つまり全く求めていない)オッサンの立場から言わせてもらうと、純愛が見たいんですよ。

 

学校帰りに自転車2人乗りして帰る(これはこれで規制の対象かも)とか、そんなんでいいんです。あとは偶然的に同じ委員会になるとか。友人AまたはBから「アイツ、お前のこと好きらしいよ!」的な煽りもあったりして。

別に三十ウン年間彼氏がいなくて、遂に一夜を共にして会社休んだ話とかいらないんですよ。ちょっと手が触れてドキドキするような雰囲気を醸し出しつつ、ご褒美に「浴衣着て夏祭りデート」でもしてくれたら、あとは何も要りません。

 

金魚すくいでもして、彼がいいとこ見せたらそれでいいんじゃない?捲った彼の腕を見て「やっぱ男の子なんだなぁ」とか思っちゃえばいいんじゃない?「この出目金、お前にそっくりだな!」とかやればいいんじゃない?

これはこれで「生き物の命を粗末に言い田;オィrm@五!!!!!!!!!」ってなるかもしれませんけど。

 

そんなときは「このコたちは金魚の命を救ったんだ!」と、それらしいことを言って、なんでもかんでも奇声をあげる大人の足元をすくってやりましょう。それでもあーだこーだ言ってきたら、そんときは「金魚じゃなくて恋を救ったんだ!」って屋根より高い志で言ってやりましょう。

ほんで最終的には、別れ際に『はじめてのチュウ』でもしちゃえばいい。そんなん見た日には涙がでちゃうでしょうけどね、男のくせに。